種子骨障害(または種子骨炎)

足の裏側で、足の親指の根元のところより少し後方に、小さな隆起を触れますが、これが種子骨です。大きさは小豆大の大きさで、第1中足骨の下に2個あります。指を曲げる腱を保護し、腱の力の作用をより効率的にする為の構造と考えられています。歩行時、走っているとき、着地する時に親指にかかった圧力を受け、それを周囲に散らしています。
多くは過剰な負荷が原因で(立ち仕事しすぎ、踊りすぎ、練習しすぎ)、この部分の圧迫によって炎症または骨折を起こすと、足裏の親指の根元が痛くなります。種子骨部は種子骨機構と呼ばれ、腱鞘、靭帯成分、結合組織、腱、骨などによって複雑に構成されている部分ですが、これらの炎症をひとまとめにして種子骨障害と呼んでいます。治療は局所安静と消炎ですが、歩行時に必ず体重を受ける場所であり、なかなか治りにくい病気です。
バレエ・ダンサーの場合、種子骨の痛みは深刻なトラブルになります。時間は掛かりますが、じっくり保存的に直していく他ありません。種子骨は前足部内側の荷重部分にあたるため、手術による種子骨の摘出は、ドゥミポワント時に前足部内側の土台を欠くことになり、ダンサーは足を着いた時のバランスを完全に失います。術後に足の痛みがなくなったとしても、足裏の形が変わってしまい、イメージ通りに踊ることは難しくなってしまう危険性があります。また、母趾屈筋腱炎、腱鞘炎になりやすくなります。治療経験のある専門医とよく相談して下さい。