三角骨障害

バレリーナでは、ポワントをすると後ろ足が痛くなり、踊りに集中できなくなります。ひどくなってくると、ドゥミ.ポワントで痛くなることもあります。
サッカー選手は、シュート時の後ろ足の痛みで発生します。十分に足首を伸ばしてボールを蹴ることができなくなり、キック力が著しく低下します。
距骨の後ろの部分の骨折が原因と考えられていますが、怪我が無くても三角骨を持っている場合があります。一般の人では全く問題になりませんが、バレリーナとサッカー選手にとっては大きな障害になります。
 試合や舞台前の追い込み練習をしている時に発症する厄介な病気です。今だけでなく将来の競技人生をよく見据えて、安静治療または手術の選択をする必要があります