腓骨筋炎、後脛骨筋炎、前脛骨筋炎(ふくろはぎの痛み、すねの痛み

上選手、ダンサー、サッカー選手、野球選手、他のどんなスポーツでも起こる、ふくろはぎやすねの筋肉痛です。特に相撲や柔道、格闘技系の体格が大きい方は、足関節周囲の筋肉、筋腱、腱鞘の負担も大きいため、すね、ふくろはぎ、の筋肉や腱鞘によく炎症を起こしてしまいます。それが、慢性化すると筋肉硬結や腱鞘炎を起こし、足は柔軟性を失いふくろはぎや足がパンパンに張ってしまいます。下腿の筋肉は足のアーチ、足内部の小さい関節を綱引きのように引き合いながら、微妙な体重移動や体のバランス、スピード、ダッシュの瞬発力を支えているため、これらの障害はパフォーマンスの著しい低下につながります。ランニングやストレッチそして筋力訓練が重要なのはいうまでもありませんが、距骨下関節、足縦アーチ、足横アーチのバイオメカニズムを考慮したトレーニング、ストレッチ、消炎療法の指導は現状ではあまりなされていません。車に例えれば、臀筋と大腿筋や膝、腓腹筋と足関節はエンジンであり、足はタイヤとサスペンションです。足回りの点検や見直しは、しなやかな走りと確実で圧倒的な走行パフォーマンスの向上につながります。< SPAN lang=EN-US style="mso-bidi-font-size: 10.5pt; mso-bidi-font-weight: bold">